トップ  >  ホームページ制作のプロセス  >  フロンティアの制作するホームページについて
作って、引き渡してそれっきり・・・。そんな無責任なことは致しません。

通常、ホームページを作るとなると、ホームページビルダーやドリームウィーバーを代表とする「ホームページ作成ソフト」で制作すると思います。だからトップページが○○円、コンテンツページは1Pにつき○○円という価格を請け負っているホームページ制作会社様が多いと思います。


フロンティアの制作するホームページは、

・XOOPS Cubeと呼ばれるCMS(Contents Management System)
・ブログツールのMovable Typeをカスタマイズした「ビジネスブログ」
・Nucleusと呼ばれるCMS
(Contents Management System)
・Joomla!と呼ばれる
CMS(Contents Management System)

をベースにホームページを制作します。

既存のHTMLベースのウェブサイトはサーバ上にhtmlファイルとイメージファイル、場合によってはcssやjsファイルを置き、訪問者はブラウ ザを通して個別のhtmlファイルにアクセスする事により、htmlソースで指定されたイメージファイルなどと共に表示されたページを目にする事になりま す。この場合コンテンツ(ページ内容)は直接htmlに書かれているため、必要ページ分のhtmlを個別に作らなければならないですし、アンケートフォー ムやBBSなどのプログラマブルな(動的な)ページを必要とする場合は、それぞれCGIなどのプログラムを置いて個別にコントロールしなければなりませ ん。

対してXOOPSのシステムは、訪問者はXOOPS内のPHPプログラムにアクセスする事になります。リクエストを受けたXOOPSはデータベース に格納されたコンテンツ情報から必要な部分を取り出し、自動的にリクエストに応じたページを生成して訪問者に提供します。動的プログラムが必要になった場 合、それはモジュールとして提供され、XOOPSに一体化して組み込まれます。ページ生成の仕組みは静的なコンテンツも動的なコンテンツも基本的に同じで す。


だからフロンティアでは、1ページあたり○○円といった料金形式ではなく、

『1サイトの初期制作費用○○円、サポート費用月額○○円』

という形式になります。